安曇野急行・秋のトラック祭 山だからこそ言える注意点【デコトラ撮影会場情報】

デコトラ

山をなめるな!!

自身も山の方に住んでいますが、友人はもっと山奥に住んでいます。

周りは山林で小川があり、民家が点在するようなところです。

 

ある日の午前中、近所の山道を普段通りの軽装で歩いていたら、トレッキングに来た老人に「山をなめるな!」と怒られたそうです。

まあ、彼の経験は特殊なのかもしれませんが、山は平地では考えられないことが起こります。

「安曇野急行・秋のトラック祭り」の撮影会場はhakuna47です。

山間部にあるスキー場の駐車場ですので山そのものですね。

ということで、山ならではの注意すべきことを挙げてみます。

 



山は天候が変わりやすい

山は天候が変わりやすいです。

さっきまで晴れていたのに、曇ってきた・・・と思ったら急に雨が降り出したりします。

もちろん天気予報はあてになりません。

予報では晴れでも雨具の準備は必須ですね。

  

雨の時、長靴があると良いのですが、個人的には歩きやすいのでレインシューズを使っています。

長靴は大まかな寸法しかないので、足にピタリと合わないんですね。

ですから歩き回るときは、長靴より機動力のあるレインシューズが良いです。

一度お試し下さい。

 

 

山は気温が低い

山は平地より気温が低いです。

一般的に標高が100m高くなる気温は0.6℃下がると言われています。

これは気圧の影響で下がるもので、標高900m近いhakuba47は、近隣の松本市(標高600m)より1.8℃、ゼロメートル地帯がある弥富市から比べると5.4℃低い計算になります。

 

更に気温が下がる条件として平地が少ないというものがあります。

太陽熱は平地で吸収します。

ですから平地が少なく山林が多い山は、気温がなかなか上がりません。

 

これら両方の条件が重なって山は気温が低くなるのです。

 

 

山は飲食店や商業施設が少ない

飲食店や商業施設はどうしても人の集まるところに出来ます。

人の居ないところに作っても商売になりませんからね。

 

ですから山でイベントがある場合は夕食のことを考え、飲食店の営業時間に注意します。

もちろん撮影会場近くに飲食店があれば問題ないのですが、ナイトシーンの撮影まですると大抵の飲食店は閉まってしまいます。

 

すると、市街地まで降りて夕食をとるのですが、移動時間を加味すると閉店時間に間に合わなかったりします。

結局コンビニのお世話になることも少なくはないんですね。

 

 

山は災害が起こりやすい

雨の日もそうですが、雨が上がった後でも山では災害が起こります。

その最たるものががけ崩れですね。

雨で水分を含んだ山肌は、少しの振動で崩れたりします。

 

がけ崩れに直接巻き込まれなくても、一度崩れると通行止めになって大きく迂回することになります。

広範囲に崩れると影響は数カ月から数年となることが多いですね。

道路交通情報のチェックは必須なのです。 

 

安曇野急行・秋のトラック祭りで注意すべきこと

曇野急行・秋のトラック祭りで最も注意すべきは気温だと思っています。

当日は雨でもあり、更に寒気が南下するため気温が下がります。

 

今日の時点での予報ですが、9日の白馬村は最低気温8℃、最高気温19℃です。

平野部と比べると5~10℃低いです。

現地で車中泊する人は寒さに注意しましょう。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました