褌ジョニーの楽しみ方

デコトラ

褌ジョニー

褌ジョニーは兵庫県在住の元トラッカーです。

もちろん本名ではありません。

 

その冗舌さからアートトラックイベントで司会を担当することもあり、関西のアートトラック関係者では知らない人はいないのではないでしょうか?

司会のスタイルは客イジり下ネタで、体を張って笑いを取ることもあります。

今回はそんな褌ジョニーについて紹介します。

 



笑いを取るためにまずは格好から

彼は笑いを取るために妥協をしません。

思いついたら即実行。

自分が恥ずかしくても、情けなくても、お客さんが笑えばOKです。

 

褌ジョニーという名前のとおり、ここぞという場面で脱いで赤褌姿になります。

最近は脱がなくなりましたが、過去には過激な姿を披露しています。

一例を挙げると、

・白鳥のコスプレ

・逆クールビス

・奥さんのビキニを着て踊る

・ガムテープのみ

 

街中でやると確実に警察のお世話になりそうな格好。

まずは、姿形から。

なかなか出来ることではありません。

 

客はイジる

彼の司会スタイルは客イジりです。

ステージ前に集まったお客さんをイジり倒します。

お客さん自体も顔見知りが多いため、コールアンドレスポンスでイジりが成立するのです。

このイジリりの上手さ、返しの早さが最大の特徴です。

 

以前、こんなことがありました。

イベントで司会をしている最中に、ある選挙立候補者の選挙カーがイベント会場近くを街宣したのです。

その時の咄嗟の返しが絶妙でした。

「あ、ご苦労様です~

 〇〇党には入れません!〇〇党には入れません!

 砕け2ちゃんねる!」

〇〇党は皆さんご想像のとおりの政党名です。

砕け2チャンネル!はあの文句のパロディですね。

当時、2チャンネルに悪口を書かれていた彼なりのジョークと理解しています。

  

司会は単にイベントプログラムを消化するだけでは心に残らないのです。

どうやったらお客さんが楽しめるか。

徹底した客イジりと、ハプニングを笑いに変える喋り上手さがイベントの満足度を上げていると考えます。

2010年 蛍火船団 褌ジョニー 事故車

 

 

賛否両論の下ネタ

彼の司会では下ネタが飛び交います。

言葉の端からエッチな単語を見つけて下ネタにつなげます。

下ネタに嫌悪感を抱く人は彼の司会を見ない方が良いでしょう。

 

実際、この下ネタについては賛否両論あります。

基本的に私は賛成派です。

イベントなので面白ければ盛り上がっていいと思いますし、彼の人脈を見れば業界内に賛成派が多数なのは明らかです。

  

反対している人の意見を聞くと、大抵「子供の教育に悪い」という言葉が出てきますが、教育に悪いと思えば聞かせなければいいだけの話です。

下ネタ以前に、トラックがたくさん集まる場所に小さな子供を連れてくることはお勧めしません。

理由としては、

・排ガスによる肺への負担

・小さい子供はトラックから見えにくいので事故の可能性

・展示されているトラックを傷つける可能性

あくまで個人的な考えですので、連れてくるかどうかは親の責任で行えば良いと思います。

 

実は情に熱い男

褌ジョニーは面白い人です。

ただ面白いだけでなく情に熱い部分もあります。

 

東日本の震災では被災地支援のためいち早く動いていました。

また、自身が所属するクラブが主催したイベントに、多くの人が来てくれたという事に感激して泣くこともあります。

このように下ネタキャラからは想像できないような、情に熱い部分も見られることがあります。

 

キャラが先行していますが一人の人間です

このようにイベント司会でのキャラクターが先行していますが、人間なので喜怒哀楽があります。

イベントの準備で忙しい時にしつこく話しかけたり、見ず知らずの人がいきなり失礼な態度をとれば怒ることもあります。

一人の人間として敬意を表することは忘れないでください。

 

そんなジョニーさんに一言。

2011年の年賀状。

あれはイエローカードです。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました