露出の「段」を理解し自分好みの写真に仕上げる

撮影術

露出の「段」

カメラの露出における「段」とは露出の量(写真の明るさの度合い)を表す単位です。

 

「1段明るくする」とは露出の量を2倍にして写真を明るくすることです。

逆に「1段暗くする」とは、露出の量を1/2にして写真を暗くすることです。

 

段は整数だけではありません。

「1/2段明るくする」「1/3段暗くする」など、1段操作すると効果が大きすぎる場合分数を使います。

 

露出をカメラ任せで撮影すると、段の事はあまり考えないと思います。

しかし、カメラのAE(自動露出)も万全ではありません。

段を理解し、補正する方法を覚えておいた方が良いと考えます。

 



AE(自動露出)は万全ではない

最近のカメラやスマホで写真を撮影した時に、周りの明るさに縛られずに写真が写るのはAE(自動露出)のおかげです。

 

例えば、晴天の日に日向で撮るのと日陰で撮るのでは、露出が10倍ほど違ったりします。

これほど違っても、それなりに写るのは優秀なAEのおかげです。

 

ただ、AEは万全ではありません。

苦手な被写体も存在します。

 

よくあるのがこんな被写体。

夕焼けですね。

 

夕焼けなのに赤さが足りない・・・。

これは露出が多すぎるのです。

こんな時は段を下げて撮影してみましょう。

 

1段下げてみました。

随分、夕日の赤が出ましたね。

このように、全体の明るさを調整する際に、「何段上げる」「何段下げる」といいます。

 

実際の操作はEV補正(露出補正)をする

段の使い道は、なんとなく分かったかと思います。

では、実際の撮影でカメラをどのように操作するかを説明します。

 

多くの人はカメラのAE(自動露出)任せで撮影しているかと思います。

露出モードでいうと(プログラムオート)A(絞り優先)S(シャッター速度優先)などが該当します。

 

何も操作せずに撮影すると、明るさの調整は出来ません。

暗すぎるので1段上げたり、明るすぎるので0.7段下げて撮影したいと思っても出来ないのです。

 

そんな時に便利なのがEV補正(露出補正)

これはカメラによって操作方法は違いますが、AEの搭載されたほとんどのカメラには付いている機能です。

<EV補正の例:ニコンHPより引用>

例えばこのような画面ありませんか?

この赤で囲った数値を操作します。

EV±といった表示なので確認してください。

 

写真が明るすぎると思ったらEVの値をマイナスにしてください。

暗すぎるならEVの値をプラスにします。

1段上げるならEVの値を+1.0にするといった具合ですね。

どれくらいの値に設定するかは、撮影しながら調整すると良いでしょう。

 

どちら側に何段補正するか

どういった状況の時にどちら側に何段補正するかは、色々な被写体を撮影していると分かってきます。

 

例えばこんな感じです。

背景が極端に白い場合は1~2段上げる

背景が極端に黒い場合は1~2段下げる

影をメインに写す場合は1~3段下げる

人物メインの場合は1段上げる

雨や曇りの日は1段上げる

雪の日は1~2段上げる

 

あくまでもこれは基本です。

どういった明るさで表現したいかは、写真の主題によっても変わってきます。

 

先ほどの夕日写真を見てみましょう。

露出補正なし1段階下げたもの。

どちらが良いと思いますか?

 

個人的にはどちらもアリだと思います。

個人の自由ですから。

重要なのは段を理解して、写真に反映させること。

これがある程度上手になれば、露出の技術は上がると考えます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました