深度合成を使ったプラモデル撮影法「背景までしっかりピントを合せるには」

撮影術
Modified by CombineZP

深度合成を使った模型撮影

模型写真は被写界深度が深い方が全体を写すことができます。

その為にはカメラやレンズの設定だけではなく、深度合成を使ったソフトウェア上の処理も重要です。

 

前回はcombineZPを使用した深度合成で、奥行きのあるプラモデルの写真を作成しました。

模型、プラモデルを本物っぽく撮影するテクニック「被写界深度合成の有効活用」
模型写真は被写界深度のコントロールが必須です。 簡単に被写界深度を深くしたい場合、被写体から離れるということが有効でした。 しかし、それも欠点があります。 その欠点を補う「深度合成」。 実際に試してみました。

では、更にその奥、背景までピントが合っているように見せることが出来るのか?

 

模型の寸法と比べると、背景ははるか遠くにあります。

ですから、ピントの距離は大幅に変わってきます。

それをソフトウェア上で表現しようというものです。

 



基準となる写真

今回、基準となる写真はこちらです。

近所の河原で撮影。

場所があまりよくないので逆光ですが、そのあたりは無視してください。

デジタル一眼カメラ使用。

ピントはキャビンあたりで、焦点距離は70mm、絞りはf8です。

 

中望遠ですのでものの見事に背景はボケていますが、これがどう変わるか比較してみましょう。

 

combineZPで深度合成

同じ構図で、ピントを変更して複数枚撮影したものを、combineZPで深度合成します。

手順は過去記事もご確認ください。

深度合成フリーソフト「CombineZP」の使い方
深度合成はPhotoshopなど有料ソフトしかできないと思っていましたがフリーソフトもあります。 CombineZPもその一つで、シンプルな操作で深度合成が行えます。 今回はそんなCombineZPの使い方と注意点をまとめてみました。

 

で、できあったのがコレ

 

  

   

コレジャナイ感満載です。

背景はしっかり写っているのですが、肝心のプラモデルにボケまで合成されて残念な仕上がりに・・・。

 

PyramidDoStackで生成してみる

combineZPは深度合成の生成が選べます。

とりあえずDoStackで生成していたのですが、枚数が多い場合などは調子が悪いようです。

 

ということでいくつか試してみたのですが、PyramidDoStackが最も自然でした。

PyramidDoStackで生成した画像がコチラ。

仕上がりは上々。

なんとなくモヤッとしている部分もありますが、枚数を増やすことで防げるかもしれません。

デジタル一眼カメラ推奨

深度合成用の撮影をスマートフォンでも試しましたが、デジタル一眼カメラの方がやりやすいです。

 

その理由として、

 露出の固定が容易

 ピントのマニュアル操作が楽

 三脚への固定がしっかりしている

というのが挙げられます。

深度合成する際はデジタル一眼カメラで素材撮影しましょう。

 

深度合成で背景までピントをわせることは可能、だけど・・・

深度合成を使って手前から背景までピントが合ってように見せることは可能です。

ただ、その為には細心の注意が必要です。

特にピント調整は仕上がりに大きく影響してくるので、少しずつずらして多めに撮影するという方法が有効だと感じます。

自分が思っているような写真にするには、しばらく時間がかかるかもしれませんが、懲りずにチャレンジしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました