自己啓発本なんていらない! 就職したら30歳になるまでに見つけるべきこと

自己啓発

30歳

30歳といえば職場でも中堅になるでしょう。

厳密には役職についていない一般社員を中堅社員と呼ぶそうです。

 

ただ、高卒なら12年ぐらい大卒なら8年ぐらい勤めていますので、ある程度会社の仕組みや取引先、人間関係も分かっているのが30歳という事になります。

 

さて、あなたの会社はこの先どういった「未来図」を描いていますか?

未来図が描けていない会社は、文字通り未来がありません。

早めに転職するとこをお勧めします。

 

個人としてもそうです。

自分がどうなりたいかという「未来図」を描くことは重要です。

「あの上司のような仕事をしたい」というような目標でもかまいません。

ジャンルや職種は何でもかまわないので、早めに「未来図」を描きましょう。

 



未来図が描けない人たち

30歳になっても自分が将来どうなりたいか分かっていない人がいます。

20代はいわゆる下積みの時代、そして30代になってやっと自分のペースで仕事を組み立てられるようになるのが一般的です。

 

30代になっても自分のペースで仕事を組み立てられない人の多くは、20代のうちに何も考えてこなかった人達です。

「そんなこと言っても、仕事を覚えることで手いっぱいで、忙しすぎて将来について考えられないよ!」って人。

それでいいんです。

 

忙しい理由は何だったのか?

そうならないために、「何が問題だったか」という問題点がハッキリしているわけです。

であれば30代になって、仕事をコントロールする立場になったら、どうしたいかという事を考えればいいのです。

 

ほら、これって「業務効率改善」を基軸にした立派な未来図になりませんか?

ちょっとしたことで良いのです。

大きな目標である必要はありませんよ。

どこに向かえばいいのか迷走している人は問題ですね。

 

 

30歳を指標にする理由

未来図を描くのは早ければ早いほどいいです。

出来れば30歳、遅くとも35歳までには見つけてください。

 

理由は「転職の年齢制限」にあります。

求人を見ても30歳までとか35歳までというのが多いですね。

企業としてもなるべく長く働いてもらって、会社に貢献して欲しいというのがありますから、これは仕方がない事です。

 

これが「45歳まで、経歴不問」となるとロクな仕事がありません。

基本、超ブラックだと思ってください。

 

今の会社でやることが見つからないなら転職するのも一つの手です。

その場合に30歳というのは、やり直しがきく限界だと思ってください。

 

転職に成功して安定的な生活を送っている人は、軒並み20代のうちから転職活動をしていましたね。

40代で転職した人は、よほど優秀な人でない限り派遣か契約社員となっています。

収入は半分ぐらいになるので転職には不利な年代です。

 

 

流されて生きるのも一つの方法

30歳までに何も見つけられず、流されるように仕事をしてきたという人は、その後も流されて生きるというのも一つの手です。

会社から出る命令には逆らえませんが、生き方としては楽かもしれません。

 

当然、こんな仕事の仕方をしていると昇進しませんし、後輩にも追い抜かれます。

もちろん給料も上がりません。

転勤は当たり前で、海外赴任もあるでしょう。

 

それが苦にならないのであれば、そういった生き方も一つあるという事です。

ただし、一点だけ注意すべきことは、現在勤めている会社が、今後衰退していかないかという事です。

市場規模の縮小売り上げの減少利益率の減少赤字化・・・このような企業であれば、真っ先にリストラ対象になるのは、流されて生きている40代~50代です。

ですから、本当に流されて生きて良いのかという見極めも重要になってくるんですね。

さて、あなたはどうですか?

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました